サルパのこれまで

これまでの、おもな活動をご紹介します。

 

スクリーンショット 2018-03-11 17.51.21

・場所は、アーツ千代田3331

・約1,000名以上の方が参加

「フードロス・チャレンジ・フェス」に参加!

フードサルベージが参加する「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」が、はじめてのフェスを開催しました。

まだ食べられるものが捨てられてしまうという問題=「フードロス問題」について、おいしいランチやスイーツ、ワークショップや展示をたのしみながら学び考えるイベントとして、企画されました。

 

イベント概要

日時 2016年2月6日(土)11:30〜17:00
場所 アーツ千代田3331

12:00〜「サルベージ・パーティ」スペシャル・ランチ・セッション
14:00〜「もったいない鬼ごっこ」ワークショップ
15:30〜「ごちそうとぼうさい」スイーツ&ワークショップ
11:30〜「つれてって!それ、フードレスキュー」
11:30〜「フードロス・チャレンジ・スタンプラリー」
常設展示・出入自由

フードロス・チャレンジ・プロジェクトとは

 

 

スクリーンショット 2018-03-11 18.31.33

・足立区主催で開催

・サルベージシェフは、FoodistLinkの高田大雅さん

・集まった食材は19種類、できた料理は7品

参加者みんなでクッキング!

足立区でサルパを開催してきました。足立区にお住まいの方や、はたらいている方が中心に集まりました。みなさんには、家で持て余している食材を持ってきてもらい、公認サルベージ・シェフの高田大雅さんがその場で考えたメニューを調理してもらいました。

チームでいっしょになったメンバー同士で、野菜の切り方や、食材の炒め方など相談しながら、高田さんの考えたメニューをつくりました。高田さんからは、レシピ本にのっているような細かい調理方法はあえて伝えないようにして、じぶんたちで相談しながら料理してもらいました。

 

イベント概要

日程 2018年1月27日(土)11:00〜13:00
場所 梅田地域学習センター2階料理室
主催 足立区

この日のレポートは、こちらをご覧ください。

 

 

スクリーンショット 2018-03-11 19.06.13

・東京都環境公社が主催

・ワークショップでは、じぶんでレシピを考えるカードゲームを実施

・東京23区のごみが集まる埋立地を、バスでまわる見学ツアー

期間中、5回のイベントがひらかれました。

参加するみなさんには朝早くから、東京テレポート近くにある中央防波堤の事務所にあつまっていただき、イベントをたのしんでもらいました。食品ロスの現状や、食品ロスを家庭で出さないようにするアイデアをお伝えし、もてあましがちな食材を使ったレシピを考える、カードゲームを体験。

そのあとは、埋立地をバスでまわる見学ツアーに突入!いまのペースでごみを捨てつづけると、あと50年で埋立地はいっぱいになるそう。そうしないためにどうすればよいか、じぶんにできることを考える時間を、みんなで過ごしました。

 

 

フードサルベージ主催のサルパ開催データ[2018年2月1日現在]

頻度 月に1、2回開開催

参加 平均30名

場所 渋谷、新宿中心の都内キッチンスタジオなど

時間 昼、夜問わず 2、3時間ほど

過去参加者数 のべ10,000名以上

 

スクリーンショット 2018-03-09 17.22.37