富山県「平成29年度 食品ロス等削減普及啓発事業」モデル開催のお知らせ

News Release 2017.9.20

一般社団法人フードサルベージ(本社:東京都杉並区 代表理事:平井巧・長田敏希)が手がける生活者向けの食品ロス改善コンテンツ「サルベージ・パーティ®」は、富山県の「平成29年度 食品ロス等削減普及啓発事業」において県内で5回のモデル開催を行い、食品ロス削減に取り組む機会を提供することになりましたので、お知らせします。

 

6月24日(土)に「サルベージ・パーティ」を開催(第1回)

家庭で食品ロスになりそうな食材(食べきれない食材、賞味期限が近い食材など)を利用し、おいしい料理に変身させる「サルベージ・パーティ」を、「サンフォルテフェスティバル2017」(富山県富山市 富山県民共生センター サンフォルテ)にて、 富山県婦人会とともに第1回を開催しました。「サルベージ・パーティ」を通じて、楽しみながら食品ロス削減に取り組む機会を提供し、食品ロス等の発生抑制や認知度向上につなげました。

 

IMG_1457

 

10月21日(土)22日(日)に「サルベージ・パーティ」を開催予定(第2回)

10月21日(土)、22日(日)には、「とやま環境フェア2017」(富山県富山市 富山テクノホール)にて「サルベージ・パーティ」を開催し、食材を丁寧に使うサルベージ・クッキングの体験や、シェフによるデモンストレーションを見学&試食を予定しています。

 

サルベージ・パーティ開催レポートをリリース予定

5回のモデル開催後には、各回の開催様子とサルベージ・クッキングで生まれた料理、参加者の食品ロスへの意識を調査するために実施したアンケート集計をまとめたレポートを制作。レポートは、その後の県内の食品ロス削減に活用するとともに、富山県の食品ロス等削減の活動を県外にも周知させるために使用予定。

 

【サルベージ・パーティ®について】

「サルベージ・パーティ®」(略称:サルパ)は、2013年7月にスタートした食材シェアパーティ。家で持て余している食材をみんなで持ち寄って、プロの料理人がその場で調理。できた料理をみんなでシェアするパーティです。フードロスなどの社会問題に興味ある人から、食材を丁寧に使いたいなど料理に興味ある人まで、さまざまな人たちがサルパに参加し、「無理なくじぶんにできること」を愉しく発見できる機会をプレゼンテーションしています。一般社団法人フードサルベージが主催するだけではなく、いまでは自治体・企業・団体・個人の方たちが、各地で様々なスタイルのサルパを開催しています。

URL:http://salvageparty.com

 

【一般社団法人フードサルベージについて】

「家庭のフードロスが少なくなれば、それだけ世界のフードロスが少なくなる」という想いで、「料理への意識」や「食材の買い方&使い方」が良い方へと変わることを目指し活動。この想いを世の中にプレゼンテーションする場として「サルベージ・パーティ®」を企画運営。その他、フードロスを減らすという社会貢献活動を行いつつ、企業の事業価値を高めていくためのクリエイティブ事業を展開。

URL:http://foodsalvage.or.jp
設立:2016年3月8日
所在地:東京都杉並区高円寺南5丁目16-27-210 ブラン.クール
代表者:代表理事CEO 平井巧 / 代表理事CMO 長田敏希

 

お問い合わせ・取材受付】

一般社団法人フードサルベージ
担当:平井巧
info@foodsalvage.or.jp
TEL:090-6229-0112