龍谷大学 堀くんと津嶋くん「サルパの映像を、世界に発信しようと考えました」

 

こんにちは。フードサルベージの平井です。

映像で活動を記録することは、後になって見返すと、

写真よりもその場の空気感を感じられるので、

好きだったりします。写真も好きですけどね。

 

「毎日放送連携事業 龍谷大学映像コンテスト2016」

という映像コンテストが、京都の龍谷大学で行われました。

「コンテストで総合グランプリをとりました!」と

堀浩治くんと津嶋佑紀くんからメールをもらったのは、

昨年12月のこと。

 

堀くんと津嶋くんは、龍谷大学社会学部の4年生。

2人は1年間を通して、サルパの活動に密着し取材。

その様子を映像作品に仕上げてくれました。

 

2人は、「取材させてくれてありがとうございます」と

感謝のことばをくれるけど、

こちらからもお礼を言いたいんです。

ぼくたちは東京中心に活動しているので、

取材のたびに、京都から東京へやってくる2人を見て

(たぶん朝早起きしたりしてるよね、きっと)、

じぶんたちのやっていることを認めてくれる人が

少なくとも目の前に2人いる、

そのことが見えない原動力になったのです。

 

サルパをテーマにした映像作品が、グランプリという、

なんだかスゴそうな賞(たぶんスゴい)を受賞したことは、

ぼくたちにとっても本当にうれしい出来事。

 

取材中は、こちらから2人に話を聞けなかったので、

ちょっといろいろ質問してみました。

 

%e6%8f%90%e5%87%ba%e7%94%a8%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%a0%80%e3%80%80%e6%b4%a5%e5%b6%8b

 

平井

映像づくりを終えて、率直な感想を

聞かせてほしいんだけど。大変だった?

 

堀&津嶋

大変でした。取材を進めていくと新たな展開や発見があり。

じぶんたちが考えていた通りにならない中で、

この映像で何を1番伝えたいのかを考え、

臨機応変に物語のパズルを組み立てていくことに

とても苦労しました。だけど、映像は多くの人たちに

協力していただいて完成するものなのだと強く感じて、

感謝とともに、「サルパ」や映像の魅力に

とても引き込まれた良い体験ができました。

 

平井

映像を見たまわりの人は、どんな反応だった?

 

堀&津嶋

「サルパ面白そう!」という反応が一番多かったですね。

他には、食材が余ることについて、

「わたしの家にはこれがよく余る!」とみんなで話したり。

実際に興味を持ってくれたゼミの同級生が、

大阪で行われるサルパに参加してくれることになりました。

(注:1月28日に大阪でサルパを初開催します。

老若男女問わず、サルパに興味を持つ人が多かったです。

 

平井

そもそも「サルパ」を何で知ったの?

 

堀&津嶋

ゴミ問題について調べている中、アメリカニューヨークで

行われている活動「フリーガン」を見つけ、

日本で同じことを行っている団体はないかと調べていく中、

ホームページでサルパを知りました。

 

平井

なんで映像制作のテーマを「サルパ」にしようと思ったの?

どんなところに興味をもった?

 

堀&津嶋

じぶんたちは、幼少期に道端に捨てられているゴミに

嫌悪感や疑問を持っていました。大学に入学して、

お互いがゴミ問題について調べている中で、

食品廃棄問題の解決に挑むサルパを見つけて、

興味を持ちました。

 

サルパといっしょに、食品廃棄問題に対して

何かアクションできないかと考えた末に、

映像メディアを専門としている教諭のゼミに

所属していたこともあり、サルパの映像を制作して、

世界に発信しようと考えました。

 

平井

はじめに予定していた取り上げ方と、完成した映像とでは、

内容に違いってあるのかな。たぶんあると思うんだけど、

内容はどう変化していったのかな?

 

堀&津嶋

ほとんど変わりました。はじめは参加者の方に焦点を当てた

サルパについての映像の構成を考えていたんですが、

構成通りにはいきませんでした。

 

その後、サルパをメインにするよりも、

主催者である平井さんの想いを、視聴する人に伝え、

観ていただいた方たちがサルパについて興味ち、

「食品廃棄問題」について考えるきっかけになる、

そんな内容にしたいと思うようになりました。

 

平井

これはちょっと難しい質問かもしれないんだけど。

堀くん、津島くんの2人には「サルパ」を

長いこと取材してもらったわけだけど、

外から取材していたからこそ気づいちゃった、

サルパの課題ってなんだと思う?どんなことでもいいんで。

 

堀&津嶋

イベントが終わったあとに、

参加した人たちが「食品ロス」について

どれだけ考えるようになったのか?を

知る機会がないことだと思いました。

 

サルパは産まれてから日が浅いので、

今後もプロディーサー講習会など

新たな展開をしながら活動を継続してもらい、

サルパが食品廃棄に関するデータ数値を、

良い方へ導いてくれることを期待しています。

 

平井

なるほど。サルパに参加してくれた人たちは、

その後自分たち宛に、メールで感想を送ってくれたり、

じぶんで開催してみてくれたり。

そういうふうに行動を起こす人もいれば、

なにも行動を起こさない人もいたり。

 

でも、行動を起こさないにしても、

もしかしたら意識の変化は、

その人の中で起きているのかもしれない。

「今度から買った食材は使い切ってみようかな」とか。

その辺はぜひ聞いてみたいなぁ。

 

では、さいごに。

2人が映像づくりを通して、気づけたことってあるかな。

サルパに関することでも、フードロスに関することでも、

接した人たちとのことでも、なんでも良いので。

 

堀&津嶋

サルパについて取材していく中で、挑戦することは

とても大切なことなのだと思いました。

今までの考え方にとらわれずに新しいことに挑戦する。

サルパをはじめることであったり、

食材の新たな活用方法であったり。

 

じぶんたちにとっては「映像制作」が挑戦でした。

今回、映像を制作して挑戦することの大切さに気づいて、

また様々な方たちの話を聞いたり、体験していく中で

人の優しさや、考える楽しさ苦しさを直に体感する

素晴らしい経験となりました。

 

今回の映像制作で協力していただいた、

すべての方にとても感謝しています。

ありがとうございました。

 

 

堀 浩治/津嶋 佑紀

龍谷大学社会学部コミュニティマネジメント学科4年