はじめて大阪で、サルパを開催してきました。

こんにちは。フードサルベージの平井です。

1月28日に、大阪にある「ソルトバレー芦原橋」さんで

フードサルベージ主催では初となる、

サルパを開催してきました。

 

IMG_4441

 

前から、「サルパは東京ばかりで開催していて残念」

「大阪でも開催してほしい」なんて声を

もらっていました。

だけど、縁深くない土地でやるイベントほどむずかしく、

不安なものはなく。開催したいきもちはありながらも、

なかなか本腰を入れられなかったのです。

 

そんなとき、連絡をくれたのが中山沙也可さん。

中山さんが東京で活動されていた時に知り合い、

その後、大阪に拠点を移されたのは知っていました。

 

そんな中山さんと、あることがきっかけで

連絡を取り合った際に、どちらからともなく、

「大阪でサルパやりませんか」となり。

そこからは、中山さんにいろいろ動いてもらい、

会場である「ソルトバレー芦原橋」さんを紹介いただき、

料理家の松本希子さんといっしょに

開催までの準備をすすめてもらったわけです。

中山さんには本当に感謝です。

 

さて、初となる大阪でのサルパ開催。

東京開催とは、どう違ったものになるのか。

当日の様子をレポートします。

 

本当は、梅田駅構内から20分以上出られなくなった話とか、

食べに行きたい店が多すぎて街を徘徊した話とか、

Googleマップは知っている土地でこそ役に立つ話とか、

書きたいことがたくさんあるんですが、ここは我慢。

 

IMG_1024

IMG_1042

 

はじめに、じぶんから集まったみなさんに向けて

サルパの楽しみ方や、過去のぼくたちの活動内容について

お話させていただきました。

いつもより、丁寧に細かくお話させてもらいました。

 

あ、この日はテレビ取材も入っていました。

 

その間に、集まった食材と、

あらかじめ用意しておいた食材を使って、

松本さんには仕込みをはじめてもらいました。

 

IMG_1027

IMG_1025

 

この日集まった食材は、

お茶漬けの素/タコミートの素/梅酒の梅/梅干/

さつまいも/乾麺/回鍋肉の素/春雨/ツナ缶 など。

 

これだけを見ると、集まる食材に

地域差はないような気がしますね。

缶詰、乾物、野菜が多く集まりました。

 

東京でサルパを開催したときに、

お好み焼きソースが2本集まったことがありました。

また、粉物もよく集まるんですが、

そのことをこの日の参加者に伝えると、驚いていました。

中には、「お好み焼きソースは週に2本使う」なんて方も。

(じぶん騙されていないだろうか 笑)

 

IMG_1037

 

エプロン持参で、みなさんに調理に参加してもらいました。

メニューは松本さんが考え、松本さんの指示にしたがい、

野菜を切ったり、油で揚げたり、取り分けたり。

プロの料理を見ることも面白いですが、

それだけじゃなくて、やっぱり自分で手を動かすと

身につく気がします。

 

IMG_1055

IMG_1058

IMG_1023

IMG_1064

IMG_1071

IMG_1099

IMG_1104

 

できた料理から、みんなで試食。

 

IMG_1083

 

料理を全部食べた後には、ふりかえり。

ホワイトボードに書いておいた料理名を見ながら、

みんなで松本さんに、調理方や食材についてうかがいました。

 

IMG_1126

 

開催概要

日程 2017年1月28日(土)11:30〜14:00

場所 ソルトバレー芦原橋(大阪市浪速区浪速東1-2-3)

参加人数 11名

主催 一般社団法人フードサルベージ

ゲスト料理家 松本希子

コーディネイト 中山沙也可

 

出来上がった料理 全7品

「白菜のクタクタ煮」

平井個人的には、これが一番印象深いメニュー。

白菜半個をザクザクと切って、鍋に入れて煮るだけ。

この日はツナを入れて、醤油で味付け。

松本さん曰く、ツナではなくベーコンでもおいしい。

その時期の野菜って、安く大量に手に入るから

じつは使い切るのに一工夫必要だったり。

そんなとき、手間いらずのこんな調理方法は、

料理をたのしくしてくれる。

 

IMG_1086

 

「そばのパリパリサラダ」

もはやサルパではおなじみの、乾麺を茹でない調理。

今回は、乾麺のそばを半分にポキっと折って素揚げ。

サラダの具材に使いました。

この日、梅が多く集まったので、松本さんが

ささっと梅のドレッシングを作ってくれました。

梅は、東京でもよく集まります。

梅は大量に手に入ることが多いようで、

梅酒や梅干にする人も多いですが、それでも使い切らない。

昔の人たちが、

梅を上手に保存していた理由がよくわかります。

 

IMG_1075

 

「大根の皮と昆布のタコミート和え」

松本さんの中で、これは当初作る予定がなかったそうです。

いろいろ調理を進めていくと、大根の皮と、

だし取りに使った昆布(上等な昆布だったようで)が

使えそうだったので、

タコミートの素とパパッと和えたそう。

春雨も入っています。

 

IMG_1092

 

「ふろふき大根 辛味噌/梅味噌添え」

白菜のクタクタ煮もそうだったけど、

食べた瞬間に、じぶんの心を鷲掴みにされた一品。

これはうまかったー。

とくに梅味噌が、いま思い出しても食べたくなる。

これを食べたとき印象的だったのが、

食べた人みんな「優しい味」と口にしていたこと。

でも松本さんは、「普通につくっているだけ」という。

現代人は、味の濃い料理や、

添加物を使った料理に慣れているから、

こういう「普通につくったもの」を

「優しい味」と表現したくなるんだろうなぁ。

 

IMG_1097

 

「ポークソテー 梅ソース」

大量にあった梅をどう使うか考え、お肉のソースに。

梅のさっぱり感が、豚肉とよく合っていました。

お肉もおいしかったけど、自分なんかは

添えられている、さつまいもの素揚げが好き。

塩を軽く振っただけなんだけど、揚げたてはうまい。

揚げ物はちょっと面倒くさいと思われがちだけど、

家庭でももっと取り入れると、グッと料理の幅が広がる。

 

IMG_1106

 

「即席お雑煮」

旧正月だったこの日。

お雑煮を出してくるあたり、さすが松本さん。

このお雑煮、なんと「お茶漬けの素」を使っています。

松本さんも、ふだんは料理にそういったものは

使わないそうですが、今回のサルパのために、

レトルトものを試食、試作して臨んでくれました。

いまや家庭で多くの人が使っているレトルトもの。

その使い方は、パッケージをみると限定的ですが、

すこしの発想で、べつの料理がつくりだせます。

 

IMG_1116

 

「栗ジャムぜんざい」

瓶に入った栗ジャムを、牛乳で溶いてぜんざいに。

その上に、茹でたうどんを素揚げしたものをのせました。

 

IMG_1121

 

できた料理は全部で7品。

 

はじめて大阪でサルパを開催して思ったこと。

 

はやく次の開催を企画したいなということと、

それぞれじぶんの置かれている環境の中で、

フードロスに対して興味を持っている人が多いなということ。

 

いや、「フードロス」に直接的に興味があるというよりも、

目に見える範囲の食材を、もっと丁寧に使いたい、

と思っている人が多いのかもしれない。

東京や大阪以外の地域で開かれているサルパのレポートを

覗いてみても、同じことを思います。

 

食べることを楽しむ以外にも、

その背景にある食文化や社会課題である「環境」と

料理を楽しむことの「公共性」を、

人は求めはじめている気がしてならない。

 

近々、大阪で開催できるようまた企画します。

ほかの地域にも、行きたいなぁ。

 

IMG_1133

IMG_4440