サルパ開催レポート_シェフのライブクッキングでサルベージ・パーティ®しよう!@札幌

こんにちは。フードサルベージの平井です。

 

先日4月16日に札幌で開かれたサルパ。

主催のサルベージプロデューサー和田順子さんから、

レポートが届いたので、紹介します!

 

1492433977096

 

和田さんは、サルパ以外にも

料理教室やワークショップを数多く企画し、

そのどれもがいつもなんだか楽しそう。

なぜ参加していないのに、じぶんにその様子が

わかるのかというと、当日のイベントの様子が写真付きで、

じぶんのFacebookのフィードに流れてくるんです。

Facebookで和田さんの投稿を見るたびに、

「じぶんも参加してみたいよ〜」、そう思ってます。

…本当に参加したい。

 

当日は、テレビの撮影も入ったそうです。

みんなの料理する様子を取材していて、

どうやら、撮影クルーも料理に参加したくなったようで。

 

2017-04-16-10-06-09

2017-04-16-13-00-22

 

この日できた料理は、なんと14品!

そんなに!すごい!

 

ではでは、和田さんのレポートをご覧ください。

 

 

開催概要

シェフのライブクッキングでサルベージ・パーティ®しよう!

日程 2017年4月16日 10:30〜14:00

場所 野菜教室good food,good life サロン

参加人数 6名(この日は全員が女性!)

料理担当 林厚輔さん ほかみんなで調理!

主催者 和田順子(サルベージプロデューサー)

 

集まった食材 25品

ポルチーニ茸/パスタ/ペンネ/うどん/そうめん/ごぼう/

クラッカー/いぶりがっこ/さば水煮/カニ缶/春菊/

ムール貝の「缶つま」/しそ/トマト水煮/鍋キューブ/

お好み焼き粉/たまねぎス―プの素/グリーンピース缶/

ピーマン/もち/しょうゆすこ(辛い調味料)/干しいも/

鯖へしこのお茶漬けの素/ヤーコン/からし

 

DSC_0086

 

出来上がった料理 全14品

「ムール貝と春のグリーンパスタ」[こちらはシェフ作]

ポイント:

ピーマン・春菊・グリーンピース・しそ、という

クセ強めの野菜とムール貝を合わせた、パスタ+うどん。

クセの強い野菜ばかりで「ほんとに合うの?」と

内心ドキドキでしたが、ムール貝から出たダシが

しっかりまとめてくれました。パスタとうどんを

合わせてしまうなんて、邪道!な感じがしたのですが、

太さが合っていたせいかとてもしっくりきました。

うどんもグリーンの麺だったので、具も麺もグリーンの、

春らしいパスタとなりました。

 

2017-04-16-11-36-40

 

「いぶりがっこのハニークラブクラッカー」[シェフ作]

ポイント:

クラッカーにいぶりがっこ、そしてカニ缶に

マヨネーズ・はちみつを合わせた

ディップ状のものをオンしました。

いぶりがっこ+クリームチーズがおつまみになることは

聞いたことがありましたが、クリームチーズが無いと

一気に路頭に迷ういぶりがっこ。

それが、マヨベースのカニ缶でステキに代用されました。

 

2017-04-16-11-43-28

 

「干しいもとヤーコンのみたらし風」[シェフ作]

ポイント:

ヤーコンは北海道ではよく出会う野菜です。

広く知られている一方で、食べ方としては

「きんぴら」くらいしか思い浮かばない野菜です。

そのヤーコンを大きめに切って軽くソテーすると

甘みが引き立ち、野菜というよりむしろスイーツ。

おもちや干しいもも同様にソテーして、

みたらしだれを絡めることでヘルシースイーツに。

ヤーコンの新しい食べ方を知ることができました。

 

2017-04-16-11-57-11

 

「いぶりがっこと鯖へしこ茶漬けのパスタ」

ポイント:

お茶漬けの素はあらかじめばっちり調味されているので、

パスタにまぜるだけで簡単に完璧な味付けになります。

そこに入ったいぶりがっこは、食感のパリパリ感も

スモークの香りもとても良いアクセントに。

お手軽なのに、手の込んだ味わいのパスタに。

 

2017-04-16-13-14-12

 

「ポルチーニde春菊巻き」

ポイント:

乾燥ポルチーニ茸の戻し汁で、お好み焼き粉を溶いて焼きました。

お好み焼き粉にはだしが入っていますが、

ポルチーニ茸の香りでさらに濃厚に。

それを皮にして春菊を巻きました。

もちもちの皮とシャキシャキの春菊が相性抜群。

マヨベースのピリ辛だれもマッチして、

これは普通にレストランで出てきそうな味でした。

 

2017-04-16-13-13-58

 

「ごぼうのすりおろしスープ」

ポイント:

新しい調理方法を模索するために、

ごぼうを「すりおろして」みました!

それだけだとかなりごぼうの香りが強かったのですが、

ポルチーニ茸とその戻し汁、だし醤油で味付けをすると、

上品なスープに。

「ごぼうとポルチーニ茸の組み合わせ」に驚いていました。

 

2017-04-16-13-13-46

 

「春菊のナムル干しいも入り」

ポイント:

少しだけ余ってしまった春菊を、ごま油・塩で

簡単ナムルに。割いた干しいもが新しい食感でした。

春菊をナムルにする、という発想が

参加者全員にとって発見となりました。

 

2017-04-16-13-13-50

 

「イタリアン風ちぢみ」

ポイント:

お好み焼き粉の中に、

かに缶・いぶりがっこ・ピーマン・もちが入っています。

もちが入っているおかげで、お好み焼きとは食感が変わり、

ボリューム感のあるちぢみになりました。

ピリ辛のトマトソースが、

ピザのようにも感じさせるひと品でした。

 

2017-04-16-13-13-23

 

「ピーマンのそうめん詰め」

ポイント:

ピーマンの肉詰めは見たことがありますが、

そうめんが詰められているのは初めて!

そうめんを入れたあとに焼いているので、

そうめんがカリカリの部分があり、食感も楽しめます。

見た目が華やかなので、パーティー映えするレシピとなりました。

 

2017-04-16-13-13-27

 

「鯖缶のオニオンスープゼリー寄せ」

ポイント:

しそが鯖のクセを上手に生かし、

さわやかなゼリー寄せとなりました。

懐石の前菜としてでてきてもおかしくない味でした。

 

2017-04-16-13-14-02

 

「干しいももちしょうゆすこ風味」

おもちの中に干しいもが入っています。

甘みのある料理ですが、それに「しょうゆすこ」という

ピリ辛の調味料でいただきました。

 

「根菜のオーロラソースクラッカー」[シェフ作]

ポイント:

シェフが余った食材でささっと作ってくれました。

干しいも・ヤーコン・ごぼうが入っています。

同じ根菜でも少しずつ食感が異なり、

でも歯ごたえを楽しめる組み合わせです。

シェフが目の前で2品もクラッカーを使ったピンチョスを

作ってくれたので、「ピンチョスって難しそう…」

というイメージが払拭されました。

 

2017-04-16-13-13-16

 

「ポルチーニそうめん」[シェフ作]

ピーマンのフィリングとして用意したそうめんが

少しだけ余ってしまったのを、

シェフにアレンジしてもらいました。

ごぼうのすりおろしスープを少し借りて、あっさり、

でも深みのあるそうめんを作ってくれました。

飲んだあとのシメに食べたいお味でした。

 

2017-04-16-13-13-54

 

「即席!肉体労働者のサラダ」[テレビ取材のクルー作]

ポイント:

テレビ取材をしてくださったクルーが、

見ていたら作りたくなってしまったようで、急遽参戦。

そうめん・トマト缶・鯖缶をサラダ仕立てに。

そうめんをあえてかために茹でたのがポイントだそう。

暑い日にするするっと食べたい一品でした。

 

2017-04-16-13-13-41

 

 

参加者の声

・参加する前は、「私ができるかな?」とドキドキでしたが、

やってみると楽しくて、失敗を気にせずやってみよう!

という気持ちだけが残っていました。

なぜサルベージパーティが必要なのかも学べて、

食がどれだけ大事かも再認識しました。

 

・この食材はこの調理、という思いこみをなくそうと思いました。

サルベージしなくても大丈夫な買い物を心がけようと思いました。

 

・普段使うことのない食材にチャレンジすることもできたし、

みんなと試行錯誤しながら楽しく作ることができた。

残ったシェアして捨てずに済んだし、良かったです。

 

・サバ缶、いぶりがっこやゼラチンの使い方などを知りました。

さばとトマト、ピーマンとそうめんの組み合わせが良かったです。

 

・ごぼうのすりおろしスープ、家でポタージュにしてみたいです。

 

2017-04-16-12-16-58

 


 

レポートはここまで。

 

ぼくたちが主催するサルパでも、

14品もの品数ができたことは、まだないです。

みんなで調理すると、品数もバリエーションも増えて良いのかも!

 

シェフ1人が調理するスタイルも、みんなで調理するスタイルも、

サルパはどんなスタイルでもOKです。そこに決まりはありません。

決まりがあるとすれば、料理と食べることを楽しむこと。

そして、集まった食材のどれかひとつでも良いので、

新しい使い方や、食材同士の組み合わせを発見すること。

みなさんも、そこを意識して、サルパを楽しみましょう!

 

2017-04-16-12-18-03

2017-04-16-10-08-57