10/21(土)「とやま環境フェア2017」でサルベージ・パーティ開催!

IMG_1457

 

フードサルベージは富山県と協働し、県内で5回のサルベージ・パーティをモデル開催します。10月21日(土)には、2回めのサルパを開催!

この日は、「とやま環境フェア2017」(富山県富山市 富山テクノホール)にて、食材を丁寧に使うサルベージ・クッキングの体験や、シェフによるデモンストレーションの見学&試食を予定しています。富山県のみなさま、お近くにお住いの方など、ご興味ある方はぜひ遊びにお越しください!

 

内容

フードサルベージのスタッフから、「サルパの紹介」「家で食材を上手に使い切るアイデア」など、フードロス改善にまつわるお話をさせていただきます。

そのあとは、公認サルベージ・シェフの高田さんといっしょに調理を体験!できた料理はみんなで試食できます。参加されるみなさんが持ち寄る食材を、シェフがその場でメニューを考えるので、つくる料理はまだわかりません!当日をお楽しみに。

いつもなら家で持て余す食材を、ちょっと違う視点で眺めてみることで、その食材の意外な使い方を発見。そのことが、家庭で生まれるフードロスの改善につながるはずです。

 

IMG_1415

 

今回の料理担当

高田大雅

高田大雅
Foodist Link株式会社代表/公認サルベージシェフ
2012年に起業。法人ケータリングを中心としながら、ホームパーティーや100名以上の大規模ケータリングまで幅広くこなし、セルビア大使館、ニューヨーク・マンハッタンの老舗ホテル「Waldorf Astoria」スイートルームでのケータリングなど、場所を問わずに出張している。日本の伝統食材、発酵食品を得意としており、イタリア料理の鶏肉のトマト煮には醤油を加えたり、ミートソースに味噌を加えたりと、日本の郷土料理と海外の料理を合わせたアレンジをして食の楽しみを提供する。日本の郷土料理、地方の食材を得意としており、地方ケータリングではその地の食材・調味料を使う。フジテレビオンラインチャンネル[ビデリシャス]にて「勝手に考案!ボクらの県民丼」担当。東京都檜原村観光食大使。

 

日程

2017年 10月21日(土) 第1回 12:00~13:30 第2回 14:30~16:00

参加される回を、ご予約時にお伝えください。

 

場所

富山産業展示館(テクノホール)富山市友杉1682番地

とやま環境フェア2017」の、環境政策課ブースにおいて開催します。

 

フェア写真

 

参加費

無料

 

定員

各回15名様

要予約、先着順となります。

 

主催

一般社団法人フードサルベージ

 

ご予約方法

お電話にてご連絡いただくか、「お問い合わせフォーム」よりご予約ください。お問い合わせフォームには、下記を記載して送信ください。

氏名/連絡先(電話番号またはメールアドレス)/参加者の氏名/人数/第1回及び第2回のうちどちらに参加するか

 

生活環境文化部 環境政策課 電話:076-444-3141

お問い合わせフォーム

 

持ちもの

家庭で持て余している食材1品を持参ください。「持て余している食材」とは、賞味期限、消費期限の迫っている食材や、使い方が一辺倒で困っている食材など。

※以下のものは持参しないでください。

・賞味期限、消費期限の過ぎているもの
・個人が手づくりした食品
・開封済みの加工品
・保存方法が適切でない食品
・基礎調味料(塩、醤油、砂糖など)
・今回のためにわざわざ購入したもの

ご不明な場合は、お気軽にお問い合わせください。

 

IMG_1378

 

お知らせ

保護者の方も参加していただければ、お子様でも参加できます。また、参加されない場合でも、見学及び試食はできますので、ぜひブースにお越しください。

 

お問い合わせ

info@foodsalvage.or.jp

一般社団法人フードサルベージ 宛

 

IMG_1414