サルベージ・パーティ特別編 サルベージシェフ高田大雅さんの頭の中をのぞく。

Event

20180409

 

フードロスを楽しく考えて、美味しく解決する。
サルベージ・パーティ(サルパ)」も、今日までにおよそ50回以上開催。

はじめは、フードサルベージが主催となり開いてきましたが、
最近では、全国のみなさんがサルパを開催してくださり、
フードサルベージはそれをサポートしてきました。

これまでのサルパレポートはこちら

わたしたち自身で主催するのを、すこしお休みしていましたが、
なんのきまぐれか、じぶんたちで主催するサルパを再開します。
(じつは開きたくて、うずうずしていました。)

まずは5月12日(土)に、
東京上野駅近くの「いいオフィス」でサルパを行います。
ぜひ遊びにいらしてください!

 

この日のテーマは、季節の食材「大葉」です。

プロの料理人は、どうやってメニューを思いつくんだろう。
気になったことありませんか?

この日、料理を担当してくれるのは、
サルベージシェフの高田大雅さん
高田さんは、2013年に開いた第1回目のサルパから
何度もサルパの料理を担当してくださっているシェフ。
毎回、どんな食材が集まるかわからないサルパで、
その場でメニューを考えて、おいしい料理をつくってくれる
魔法使いみたいな方です。

高田さんの頭の中は、いったいどうなっているんだろう?
そんなことを、だいぶ前から気にしていたのですが、
今回、みなさんといっしょに、
高田さんの頭のなかをのぞいちゃおう、と思ったわけです。

スケッチジャーナリストの真子(MAKO.pen&paper)さんにお願いし、
高田さんの抽象的・論理的な料理の思考を、
イラストと文字におこしてもらいました。

テーマ食材は「大葉」。
大葉を中心に、みなさんが持ち寄った食材を使って
高田さんがその場でメニューを考え調理します。
高田さんは、大葉を発端にどう思考を巡らすのか。
makoさんのイラストと、当日の高田さんのライブクッキングを見て、
シェフの頭の中をのぞいてみましょう。

大葉はサルパでもよく集まる食材です。
ということは、家で持て余しがちな食材ということ。
大葉の意外な使い方を、体験しにいらしてください。

 

0127_027

 

サルパのたのしみ方!

◯ フードロスに興味ある方も、「フードロスはよくわからないや」という方も、
どなたでも楽しんでいただける内容です。

◯ プロの料理人による食材の意外な使い方を、目の前で体験してください。

◯ 料理がちょっと苦手という方も、ライブクッキングを見て食べるだけのイベントですので、
安心して参加いただけます。

◯ ちょっと意外なレシピから生まれた、おいしい料理を試食できます。

こちら(サルベージ・パーティの特徴)もごらんください。

 

0127_044

 

日時

2018年5月12日(土)11:30〜14:00 開場11:15

 

会場

いいオフィス(東京都台東区東上野2-18-7 共同ビル3F)

上野駅の地下3番出口を出て真っすぐ、昭和通り沿いの宝くじ売り場があるビルの3階です。

 

定員

30名 先着順

 

参加費

1,800円(税込)

 

持ちもの

家で持て余している食材1品をお持ちください。

「持て余している食材」とは、賞味期限、消費期限の迫っている食材や、
使い方が一辺倒で困っている食材など。※以下のものは持参しないでください。

・賞味期限、消費期限の過ぎているもの
・個人が手づくりした食品
・開封済みの加工品
・保存方法が適切でない食品
・基礎調味料(塩、醤油、砂糖など)
・今回のためにわざわざ購入したもの

ご不明な場合は、お気軽にお問い合わせください。

 

予約方法

こちらのイベントは終了しました。

下記のボタンから応募フォーム(Peatixのウェブサイト)に移動し、ご応募ください。

スクリーンショット 2018-04-09 10.51.19

 

お知らせ

◯ 当日は、メディア等の撮影が入り、様子がサイトやメディアで露出する可能性がございます。
希望される方は写らないように配慮させていただきまので、ご安心ください。

◯ 食物アレルギーをお持ちの方は、ご予約時にその旨をお伝えください。
お話し合いの上、安全面を優先し参加いただけない場合もございますのでご容赦ください。

◯ 参加が決定した場合は、キャンセル等ないようにご協力をお願いいたします。

 

お問い合わせ

info@foodsalvage.or.jp
フードサルベージ宛
上記のアドレスからご返信しますので、受信できるよう設定ください。