サルベージ・パーティの開き方

わたしたち「フードサルベージ」は
フードロスを身近に感じるイベントとして、

サルベージ・パーティ(略してサルパ)
の普及をみなさんと進めています。
サルパは、ちょっとがんばれば、
だれでも開くことができます。

ここではサルパの開き方を
わかりやすくご紹介していきます。

家族やお友達と、地域や職場などで、
たのしみながら挑戦してみましょう。

 

〈サルパのスタイルいろいろ〉

集まった食材を使って…
みんなでメニューを考えて料理
プロが考えたメニューを参加者が料理
シェフがみんなの前でライブクッキング!

できた料理をみんなで試食します。

 

全国のみなさんが送ってくれた、
サルパのレポートをご紹介しています。

参考にしたい方は、
「みんなのサルベージ・パーティ」をご覧ください。

 


 

サルパの開き方

 

1.時間と場所の設定

レシピ発案や調理時間を考えると、
2〜3時間で開くのが一般的です。

キッチン付きのレンタルスペース、
ご自宅や飲食店、公民館や学校など、
どんな場所でもアイデア次第で開けます。

10〜30名程度がおすすめです。

 

タイムスケジュール例
食品ロスの説明など 20分
レシピの発案 20分

クッキング 60分

試食・まとめ 30分
片付け 20分
合計2時間30分

 

必要となる機材やアイテム
ガスコンロ
洗い場
基本的な調理器具
食器類
調理と食事のスペース
※これらは共用でOKです。

 

 

 

2.準備をすること
参加者を募集する際に伝えることと、
サルパをよりたのしく進行するために
用意しておくとよいアイテムを紹介します。

 

参加者に伝えること
日時や場所など基本的な開催情報。
持参するのは「もてあましている食材1品」。
参加者が料理する場合は、エプロンなども持参

食材の数は1人1品がちょうど良い量です。

アレルギーのある方は伝えてもらいましょう。

使わなかった食材、できた料理を
持ち帰る容器を持参してもらうのも、良い方法です。

 

持参しない方が良い食材
賞味期限、消費期限の過ぎているもの

個人が手作りした食品
開封済みの加工品
保存方法が適切でない食品
基本調味料(主催者が準備する場合)

わざわざ購入したもの
たとえば、賞味期限が過ぎていても
食べられるものはあります。
上記の食材を持参しても良いかどうかは、
主催者の自己責任のもと判断しましょう。

 

主催者が用意すると良いアイテム

基礎調味料(塩、醤油、砂糖、みりん、油など)
家庭でよく使う肉や魚の生鮮品
肉や魚は参加者があまり持参しない食材です。
料理を充実させるために、余らせない範囲で
準備しても良いと思います。

 

 

 

        1. 3.レシピの考え方
        2. 当日集まる食材から、その場でレシピを考えます。
          グループに分かれてクッキングするときは、
          レシピをイメージしながら食材を振り分けましょう。

       

      1. レシピ発案のヒント

        1. 食材の形を変えてみる
          例:焼きそばを丸めて団子に
          加工食品を味付けに
          例:レトルトカレーを調味料に
          味の固定観念を捨ててみる
          例:切り干し大根を洋風の味付けに
          組み合わせの妙にチャレンジ
          例:ゼリーをサラダの具材に

 

プロの料理人がいる場合
つくるメニューと食材振り分けはシェフに依頼。
プロの食材の使い方や、メニュー発案を体験し、
ふだんのフードロス改善に活かしましょう!

 

 

 

    1. 4.サルパの流れ
      1. サルパの基本的な流れを紹介します。

受付開始説明レシピ発案クッキング試食まとめ片付け

 

受付開始
参加者から食材を受け取りましょう。
プロの料理人がいる場合は、この段階で
つくるメニューを考えてもらいます。

 

説明
サルパの流れや、フードロスについて説明します。

 

レシピ発案

集まった食材からレシピを考えてみましょう。
食材の使い方、味付けなどに正解はありません。
失敗をおそれず、チャレンジしてみましょう。

 

クッキング
レシピが決まったら、みんなで料理をしましょう。

ただし料理の作りすぎには要注意!
食材を無理やり使い切らなくても良いです。
できあがりの量を想像しながら料理することは、
「食べ残し」しないために大事なことです。

 

試食
料理ができたら、温かいうちに
揃ってみんなで「いただきます!」。

グループに分かれているときは、
ほかのグループの料理も試食してみましょう。

 

まとめ
参加者に感想を聞いてみましょう。
プロの料理人がいるときは、
参加者からの質問を受け付けたり、
各メニューのポイントを説明してもらいます。

 

片付け
使わなかった食材は自己責任で持ち帰りましょう。
ゴミは各自治体のルールで正しく分別しましょう。

 

 



サルパを体験したことがない方は、
まずはだれかが開くサルパに
参加してみることをおすすめします。

現在募集中のサルパは
こちらの「イベント案内」をご覧ください。

 

〈企業・団体の方へ〉

フードサルベージといっしょに
サルパを開きたいと思ってくださった方は、
CONTACT」からご連絡をください。
内容を拝見しご連絡させていただきます。
「サルベージ・パーティ®」の名称は、
特許庁により商標登録を受けています。
許可なく営利目的で使用することを禁止します。
ご連絡をいただき、名称利用について
協議の上、検討いたします。

 

免責事項
一般社団法人フードサルベージでは、
当方以外の方による「サルベージ・パーティ®」
で発生した、一切の事故や怪我・病気などの
責任を負いかねます。予めご了承ください。
安心・安全に最大限努めて開催ください。

Page Toparrow