FUKUFUKU+ × サルパのコラボ!

FUKUFUKU+」さんといっしょに

創造力をふくらまして料理をたのしむ

 

ふだんからサルベージ・パーティでは、

プロの料理人のアドバイスをもらいながら

みんなで食材の使い方を話しあいながら

料理をして、その面白さを共有しています。

 

料理を面白がるには、食材を目の前にして

創造力がもっとたくさん広がるといいなと

常々おもっていたのですが、

そんなときに、「FUKUFUKU+」さんが

やられている「対話型アート観賞法」を知りました。

 

今回のサルパは、
主に「たべもの」をテーマにした
障がい者アーティストの作品を
ニューヨーク発祥の
”対話型アート鑑賞法” で鑑賞。
目から鱗の体験をします。

そうして頭が柔らかくなったところで、
今度はその創造力を料理で実践。
家で持て余していて集められた食材たちを
創造的においしい料理に変身させましょう。
アート × 食のいままでにない創造的体験!

 

対話型アート観賞とは

フクフクプラスの対話型アート鑑賞法は、
ニューヨーク近代美術館で開発された
VTSシステムをベースとして、
独自のアイデアを加えて完成させたもの。
知識を与えるだけの美術教育とは

一線を画した自発的で能動的な

アート鑑賞法です。

 

作品を見て気づいたこと、
想像したことを自由に語り合うことで、
今の社会が必要としている
「創造的思考力」「観察力」
「コミュニケーション力」が高められます。

また、障がいのあるアーティストの

特徴を活かした「ストレス軽減」

「笑顔力アップ」「ユニバーサルマナー」

の鑑賞プログラムも用意。

 

現在、アメリカでの対話型の

アート鑑賞法のVTCは、300以上の学校、100近くの美術館で導入されています。

 

 

 

シェフのプロフィール

 

高田大雅

公認サルベージシェフ/Foodist Link株式会社代表

 

 

開催概要

日時

2019年3月9日(土) 11:00〜14:30(開場10:45)

 

会場

Patia 曙橋店

東京都新宿区住吉町1-18TVB曙橋ビル2F

 

アクセス

都営新宿線曙橋駅より徒歩1分

 

参加費

3,000円(税込) アート鑑賞&お食事にくわえ、 「ミニ額装アート&鑑賞ブック&アートノベルティ」をプレゼントします。下のアートはその一部です。都合により内容が変更となる可能性がございますので、ご了承ください。

 

(C)AbleArtCompany

(C)AbleArtCompany

(C)AbleArtCompany

 

予約・お支払方法
事前に銀行振込いただきます。振込方法については、参加決定された方へメールにてご案内致します。お振込後のキャンセルの場合、返金は出来ませんのでご了承ください。

 

参加日程(3月9日)、お名前、電話番号、メールアドレス、所属(社会人、学生など自由に記載ください)を明記のうえ、下記宛先までメールにてご応募ください。
info@foodsalvage.or.jp
フードサルベージ宛

※上記メールアドレスからご返信いたします。メール受信できるよう設定をお願い致します。

 

定員

20名 先着順

 

持ちもの

みなさんにも調理をしていただきます。エプロン、手拭用タオル、家で持て余している食材1品をお持ちください。「持て余している食材」とは、賞味期限、消費期限の迫っている食材や、使い方が一辺倒で困っている食材など。

 

※以下のものは持参しないでください。

・賞味期限、消費期限の過ぎているもの

・個人が手づくりした食品

・開封済みの加工品

・保存方法が適切でない食品

・基礎調味料(塩、醤油、砂糖など)

・今回のためにわざわざ購入したもの

ご不明な場合は、お気軽にお問い合わせください。

 

主催

一般社団法人フードサルベージ/株式会社フクフクプラス

 

お知らせ

◯ 当日メディア等の撮影が入り、メディアで露出する可能性がございます。

希望される方は写らないように配慮させていただきまので、ご安心ください。

◯ 食物アレルギーをお持ちの方は、ご予約時にその旨をお伝えください。

お話し合いの上、安全面を優先し参加いただけない場合もございますので、ご容赦ください。

◯ 参加が決定した場合は、キャンセル等ないようにご協力をお願いいたします。

 

お問い合わせ

info@foodsalvage.or.jp

一般社団法人フードサルベージ 宛

上記アドレスからご返信します。受信できるよう設定ください。

 

2019-2-7