缶詰を食品ロスにさせない
ニッスイ缶切り部

ニッスイの「魚の缶詰」をメイン食材に、

持ちよった食材を合わせて

プロの料理人のアドバイスのもと

みんなでおいしい料理へと変身させます。

食材を上手に使いきるための

「サルベージクッキング」

を体験していただき

つくった料理をみんなで試食します。

 

 

 

缶切り部とは

缶詰は賞味期限が長くて便利。

けれど、その期間は永遠ではありません。

おいしく食べられる期間内に、

素材の味とこだわりを

ちゃんと味わってほしい。

色々な料理と組み合わせれば、

すぐに新しいおいしさに出会えるのに…。

そんな缶詰の“もったいない” を無くしたい。

その想いから、ニッスイは

「缶切り部」を発足させました。

 

 

 「缶切り部」のたのしみ方

◯ 食品ロスに興味ある方も、「食品ロスはよくわからないや」という方も、どなたでも楽しんでいただける内容です。

◯ プロの料理人による、缶詰やその他の食材の意外な使い方を、目の前で体験してください。

◯ みんなで料理をするので、料理が苦手という方も安心して参加いただけます。

◯ 家でも簡単に真似できる、食材の丁寧な使い方を学べます。

◯ 意外なレシピから生まれたおいしい料理を試食できます。

 

 

 

シェフのプロフィール

高田大雅

公認サルベージシェフ/Foodist Link株式会社代表

 

 

開催概要

日時

2019年2月23日(土) 11:30〜14:00(開場11:00)

 

会場

まるごとにっぽん浅草区cooking studio

(東京都台東区浅草2-6-7東京楽天地ビルまるごとにっぽん3F)

 

アクセス

つくばエクスプレス浅草駅から徒歩1分

東武伊勢崎線浅草駅から徒歩7分

東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩8分

都営浅草線浅草駅から徒歩8分

 

 

 

参加費

500円(税込) 小学生以下のお子さまは無料です。
事前に銀行振込いただきます。振込方法については、参加決定された方へメールにてご案内致します。お振込後のキャンセルの場合、返金は出来ませんのでご了承ください。

 

定員

30名 先着順

 

持ちもの

みなさんにも調理をしていただきます。

手拭用タオル、家で持て余している食材1品をお持ちください。
エプロンはこちらでご用意いたします。

「持て余している食材」とは、

賞味期限、消費期限の迫っている食材や、

使い方が一辺倒で困っている食材など。

今回メイン食材としてつかう「魚の缶詰」は

こちらでご用意しますので、

「魚の缶詰以外」の食材をお持ちください。

※また以下のものは持参しないでください。

・賞味期限、消費期限の過ぎているもの

・個人が手づくりした食品

・開封済みの加工品

・保存方法が適切でない食品

・基礎調味料(塩、醤油、砂糖など)

・今回のためにわざわざ購入したもの

ご不明な場合は、お気軽にお問い合わせください。

 

予約方法
お名前、電話番号、メールアドレス、所属(社会人、学生など自由に記載ください)を明記の上、下記宛先までメールにてご応募ください。
info@foodsalvage.or.jp
フードサルベージ 缶切り部事務局 宛
※上記メールアドレスからご返信いたします。メール受信できるよう設定をお願い致します。

 

主催

日本水産株式会社

 

協力

一般社団法人フードサルベージ

 

お知らせ

◯ 当日メディア等の撮影が入り、メディアで露出する可能性がございます。

希望される方は写らないように配慮させていただきまので、ご安心ください。

◯ 食物アレルギーをお持ちの方は、ご予約時にその旨をお伝えください。

お話し合いの上、安全面を優先し参加いただけない場合もございますので、ご容赦ください。

◯ 参加が決定した場合は、キャンセル等ないようにご協力をお願いいたします。

 

お問い合わせ

info@foodsalvage.or.jp

一般社団法人フードサルベージ 宛

上記アドレスからご返信します。受信できるよう設定ください。