フードロス基本講座2019」では、

いま起きているフードロスについて
俯瞰してみたいと思います。

そのために、様々な分野でご活躍されている方々を

フードロスの学校の講師にお招きしました。

 

フードロスがなぜ発生するのか。
世の中にフードロスはどう影響しているのか。

そのメカニズムとは。

いまあるフードロス改善の取り組みとは。

戦略的で効果的なアプローチとは。

また、わたしたちの生活様式や文化から紐解く

フードロス改善のヒントとは。

エネルギーや循環もふまえながら、

フードロスについて
講師の方といっしょに考えていきましょう。

 

[フードロス基本講座2019]講師のご紹介

網野禎昭(法政大学デザイン工学部建築学科 教授)

静岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業、東京大学大学院修士課程修了。1996 年に渡欧し、 スイス連邦工科大学にて木造建築分野の博士号 を取得。同校アシスタント、ウィーン工科大学 アシスタント・プロフェッサーを経て、2010 年から現職。2005 年オーストリア・シュバイ クホッファー賞受賞。2014 年法政大学「学生が選ぶベストティーチャー賞」受賞。2015 年 グッドデザイン賞「グッドデザイン・ベスト100」受賞(受賞タイトル:新築住宅[木のカタマリに住む])。

 

金藤正直(法政大学人間環境学部 教授)

1974年広島県生まれ。横浜国立大学大学院国際社会科学研究科企業システム専攻博士後期課程修了。東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻産学官連携研究員を経て、弘前大学人文学部の専任講師、准教授を歴任。2014年4月から法政大学人間環境学部准教授、2019年4月から同学部教授となり、現在に至る。地域の人たち、自治体、企業と積極的に関わり合い、地域経済を活性化させるための研究や調査に精力的に取り組んでいる。

 

上岡美保(東京農業大学国際食料情報学部 教授)

国際食料情報学部国際食農科学科/東京農業大学「食と農」の博物館 副館長

香川県出身。東京農業大学大学院農学研究科農業経済学専攻博士後期課程修了。博士(農業経済学)。2016年4月、食料環境経済学科教授に就任。2017年4月より新設された国際食農科学科食農教育研究室に配属。農林水産省食料・農業・農村政策審議会委員及び食育推進評価専門委員としてわが国の農林水産行政にも関わる。専門は農業経済学、食料経済学で、世代ごとの食料消費構造の変化、食農教育(食育)の社会的意義効果、地産地消の在り方など、“食”と“農”に関する調査・研究を重ねている。 主な著書・共著に『食生活と食育 -農と環境へのアプローチ-』(単著/農林統計出版)『スーパーの生鮮食品がお店に並ぶまで図鑑』(共著/自由国民社)など。 

 

川越一磨(株式会社コークッキング 代表取締役CEO)

1991年東京生まれ。2014年9月慶應義塾大学総合政策学部卒業

和食料理店での料理人修行、大手飲食企業で店舗運営の経験を経て、2015年7月山梨県富士吉田市に移住し、レストランの立ち上げなどを行う。同年12月に株式会社コークッキングを創業。料理を通じたチームビルディングワークショップ等を、主に法人向けに展開。2016年5月よりスローフードの活動に参画し、Slow Food Youth Network Tokyo代表を経て、2019年4月には一般社団法人日本スローフード協会理事就任。現在は食の未来を切り開くべく、フードシェアリングサービス「TABETE」の事業化に取り組む。

 

宮林茂幸(東京農業大学地域環境科学部地域創生科学科 教授)
1953年長野県生まれ。2012年3月まで東京農業大学地域環境科学部学部長を歴任。地域政策学、山村経済学、森林政策学、林業経済学、森林環境経済学、山村と都市交流論、山村コミュニティ論などを専門とする。美しい森林づくり全国推進会議事務局長、環境教育推進専門委員、地球温暖化防止推進委員などをはじめ、東京都森林審議会委員、神奈川県森林審議会委員、埼玉県土地政策審議会委員、東京農業大学農山村村支援センター代表、多摩川源流大学運営委員長などを務める。主な活動学会は、日本森林学会、林業経済学会、日本野外教育学会、野外文化教育学会、民俗学会、地域総合農学会など。

 

 

2019-05-14